特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養のスタッフのFAQ >> 薬剤師が特養で働くには?

薬剤師が特養で働くには?

特別養護老人ホームの仕事の一つに薬剤師の仕事が存在します。一般的に特別養護老人ホームに入所する高齢者というのは、自宅での在宅医療や、病院への入院、特別養護老人ホームを始めとする介護施設といったものをその時々の事情によって、利用をしているというのが現状です。それぞれの場所では、処方される処方箋も違っており、薬剤の知識を有している薬剤師の存在は、現代のような高齢化社会では必要不可欠なのです。

特別養護老人ホームの入所者ばかりでなく、一般の高齢者でも、本当に大量の薬を飲んでいることが見られます。血圧を下げる薬や関節痛を和らげる薬。そしてそれにプラスして、どこで情報を仕入れてきたのか、今流行の健康食品やサプリメントといったものまで飲んでいる。しかしながら、高齢者全員が薬の知識を持ち、本当は一緒に飲んではいけないような薬を間違えて飲んでしまっていることも少なくはないのです。

こういったことから特別養護老人ホームの薬剤師は、服薬指導や薬の管理といったものを行なっていくことが、その役割と言われています。また前述にもあるように複数の施設や自宅をその時々の都合によって移動をしていることから、情報の共有といったものは、非常に重要な役割になってくるのです。現在、特別養護老人ホームからの服薬情報不足が叫ばれているため、入所者のみならず、移動をする元入所者の情報を地域の薬局や移動する病院などに情報提供するといったことも求められているのです。

特別養護老人ホームの薬剤師の配置基準は300名の入所者に対して1人となっています。つまり、300人を越えるような大型の特別養護老人ホームでない限り、薬剤師の配置基準はなく、小規模の所やこういったところでも調剤薬局などへ業務提携をして定期的に派遣をしてもらっているのが現状です。ですから、特別養護老人ホームのお抱え薬剤師というようなタイプの求人は、はっきり言って少なく、個人レベルの転職活動では見つけることは難しいと言えるでしょう。

調剤薬局がメインで一般的な業務をこなし、その他の業務として特別養護老人ホームへの訪問ケアをしていくというスタイルなら、何気に多く見られますし、給与に関しても月収45万円から50万円といった所が見られています。特別養護老人ホームの薬剤師として転職を希望されているのであれば、薬剤師の専門転職支援を行なっている転職エージェントに登録をして、相談してみることをオススメします。

特養求人サイト人気ランキング 〜薬剤師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
薬剤師専門リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.