特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> FAQ >> 特養と有料老人ホームは何が違う?

特養と有料老人ホームは何が違う?

特別養護老人ホームに転職を希望されている方の中で、数多くある社会福祉関連施設との明確な違いというものをしっかりと把握している方は、果たしてどのくらいいるのでしょうか。実際にこういった施設の違いを明確に答えることが出来る方は少ないと言えるでしょう。特にこういった業界に飛び込もうとしている方は、まったく分からないという方が多いものです。その中でも同じ老人ホームと呼ばれる特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いをココでは紹介していきましょう。

まず特別養護老人ホームですが、これは社会福祉法人であったり、地方自治体といったような公的な機関が運営している施設であるということです。一方で有料老人ホームの場合には、ほとんどの施設が民間企業によって運営されているものだという違いがまずは挙げられます。この違いによって、特別養護老人ホームには入所条件というものが存在しており、65歳以上の老人であれば、誰でも入所出来るというわけではありません。

特別養護老人ホームの入所条件は、満65歳以上の年齢であり、その上で要介護基準の1から5の認定を受けており、公的な機関から介護が必要な状態であり、かつ自宅での介護が困難であると認定された方のみが入所することが認められています。こういった条件を満たしていても、他にもこの条件を満たしている高齢者が多くみられ、それに対して特別養護老人ホームの施設数が圧倒的に足りていない状況であるため、入居待機者の数は年々増加し、現在でも約40万が待機状態にあるとされています。

入居までには最短で数ヶ月かかりますし、長い場合には10年といった時間を待たされるケースも少なくないといった状況になっているのです。その点有料老人ホームの場合には、前述のような要介護が必要な高齢者の方はもちろん、自立をしている高齢者の方や要支援が必要と認定されている高齢者まで、利用者は非常に幅広くなっていますし、空室があればすぐに入居が出来ることがメリットになります。

また有料老人ホームの最大の特徴としては、介護付き施設、住宅型スタイル、健康型といった3つのタイプに分けることが出来るということでしょう。それぞれの状態によって使い分けが出来るということが大きなメリットです。また、施設が充実していることが多く、レストランやシアタールームといった一流ホテル並みの環境を提供している有料老人ホームもあるというのが大きな違いと言えるでしょう。

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.