特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養の看護師のFAQ >> 特養の看護師の特徴は?

特養の看護師の特徴は?

特別養護老人ホームへ医療機関で働いている看護師が、ぞくぞくと転職をしている現状が見られますが、どうしてここまで人気があるのかと感じている看護師の方も多いことでしょう。こういった場合には、ナースフルやマイナビ看護士といった転職エージェントで、特別養護老人ホームの特徴をヒアリングし、メリットやデメリットを自身で判断することが大切です。ここでは少し、特別養護老人ホームの看護士の特徴を紹介していきましょう。

特別養護老人ホームで働く看護士には、明確な人員基準というものが存在しており、看護職に従事する人材の人員数というものがしっかりと決められているのです。つまり、一般の医療機関のように入院患者や外来に対応する患者数に対して、看護士が圧倒的に足りなくなってしまうというようなことは、起こりづらいような工夫がされているのです。特別養護老人ホームの入所者人数が多ければ多いほどに、そこに配置されるべき看護士の数は増加していくようなシステムになっています。

例えば、ある特別養護老人ホームの利用者定員が90名といった場合であれば、30名の看護・介護の常勤換算職員数が必要だとしっかりと定められているのです。人員配置の最低基準が3:1となっていますから、これは本当に最低基準のシステムを採用しているケースになるのです。より入所者や働く看護士や介護士に良質な環境を提供しようとしているような特別養護老人ホームでは、当然この基準よりも高い人員配置基準を設けているため、人員は十分であり、1人1人に掛かる負担をなくしているのが現状です。

夜勤者数にも配置基準があり、従来型のシステムでも最低2名は必要になっています。特に一般的な医療機関で夜勤や緊急時の対応に慣れている看護士の需要は高くなっており、看護職員の人材を多く獲得しようとする傾向がどの特別養護老人ホームでも見られています。介護士を多く補充するよりも、看護士を充実させ、看護職と介護職の両方を補ってもらうというスタイルをとっている特別養護老人ホームが多いという特徴が現状では見られます。

このため看護士を多く採用したいと、勤務条件や給与など、高待遇なものを設定している求人が多いということも、特別養護老人ホームの看護士の特徴でもあるのです。ここで紹介したものは、ほんの一部の特徴ですから、より詳しい情報を収集したいのであれば、ナースフルなどの看護士専門の転職エージェントを利用することをオススメします。

特養求人サイト人気ランキング 〜看護師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
看護師の転職ならマイナビ看護師
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.