特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養のスタッフのFAQ >> 事務が特養で働くには?

事務が特養で働くには?

特別養護老人ホームの中にも、事務の仕事はあり、非常に需要が高いものとなっています。特別養護老人ホームの規模の大きさによって、事務職に掛かる負担というものは大きく違ってくるのが一般的です。例を挙げると、例えば100名ほどの入所者が存在している特別養護老人ホームでは、たった2名程度の事務職が、非常に多様な仕事を任されるというスタイルが一般的です。2名の実労働者と事務長という3名で100名程度の人数の入所者の事務関連の処理を行なっていくのです。

一般的には、こういったスタイルの場合、1名が経理を担当し、もう一名が庶務や法務といったものを担当。更にその他のフォローや付帯業務といったものや、様々な指示を事務長が行うといった分業スタイルを取っていることが多いのです。つまりは、必要最低限の人員で現場を回していることが多いため、一般的な事務職のような自由度はなく、欠勤や遅刻、早退といったものをした場合、かなり大きな負担を職場に掛ける事になるケースがほとんどです。

大手企業の事務職などと比較すると、多くの仕事を分業化するといったことはないため、知っておかなければならない知識範囲というものは非常に広く、処理能力の高さを求められたり、お茶出しなどの雑務なども当然に行なっていかなければならず、柔軟性と仕事の処理スピードが求められる職場であるとも言えるでしょう。こういった現状があるのは、社会福祉事業における措置制度の名残りとされており、かなり忙しい職場環境であることが予測されます。

もちろんこういったスタイルの特別養護老人ホームばかりではありませんし、事務職にも余裕を持って人員を配置している所もありますが、上記のようなケースの場合では、経理はもちろん、特別養護老人ホームで働く人員の給与計算や各種書類の作成・処理、介護保険請求事務といった非常に広い業務を一人で担当することになるでしょう。ですから、基本的にはこういった職場の場合には、転職希望者は即戦力でなければ採用されることは難しいと言えます。

上記にある通り、特別養護老人ホームの求人が出るのは、欠員の補充といった目的であることがほとんどです。必要最低人数での運営になりますから、まったくこの業界の事務の経験がない方に、手とり足取り1から教えるといった余裕を持っている所は少ないことが予測出来ます。それでも様々な運用方針を採っている特別養護老人ホームは存在しますから、転職エージェントなどを利用して、自分に見合った求人を探してもらうのが一番でしょう。

特養求人サイト人気ランキング 〜その他スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビAgent
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.