特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> FAQ >> 特養スタッフの配置基準は?

特養スタッフの配置基準は?

特別養護老人ホームへの転職を希望されている場合、一番把握しておかなければならないことは、設備面はもちろんですが、スタッフの配置基準というものです。もしも自分のこれまでの能力を活かして働きたいとか、役に立ちたいと思ったとしても、特別養護老人ホームの人員配置の基準において、高い需要が見込めないというものであるならば、求人数はそこまで高くはありませんし、給与などの待遇面に関しても、低くなってしまうことが予測出来ます。

特別養護老人ホームでは、入所者に対して医師や人格を尊重して、快適な生活を送れるような環境を提供する必要があるという基準が定められているため、そのために必要な人員は確実に確保しておかなければならないのです。現行の基準では、入居者と介護スタッフの人員配置は3:1となっています。これまでの集団ケアという観点からいえば、十分な配置基準とされていましたが、現在の世の中ではこの人数では圧倒的に足りていないという声が上がっているのです。

現在の世の中では、重度の要介護高齢者人口の増加によって、新しいケアプランが導入されており、集団ケアという方針から個別ケアへと特別養護老人ホームの介護プランが変更せざるを得ない状況に立たされているのです。しかしながら未だに3:1の配置基準は改善されてはいないというのが現状です。これに対して、介護有料老人ホームの場合、介護費用というものが直接徴収できるということからも、2:1の介護職員の配置や1.5:1といった人員配置を実現し、高い介護サービスを提供出来ているというのが現状です。

また、特別養護老人ホームの場合には医師の配置基準やその施設の意味というものから、常駐医師を採用していることは少なく、看護師や准看護師の配置もその他の施設とくらべて圧倒的に少ないため、求人の数はその他の介護施設と比較しても非常に少ないとされています。他にも機能訓練指導員の業務に関しての点数が与えられないことにより、専門の機能訓練指導員などの採用もあまり多くは見られていません。

このためサービスの質が高いとされる介護有料老人ホームやその存在意義を達成するために、介護老人福祉施設では、そういった心配はないため、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といった人材を積極的に採用し、そこに入居している高齢者に高いレベルの介護を提供出来るようになっているのです。現在これらのことが問題視されているため、特別養護老人ホームの様々な基準の見直しが叫ばれており、これから変わっていくことが予測されています。

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.