特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養のスタッフのFAQ >> 生活指導員が特養で働くには?

生活指導員が特養で働くには?

特別養護老人ホームの生活相談員の仕事は、ソーシャルワーカーの代表格として知られています。一般的にソーシャルワーカーは、仕事の範囲というものが広く、一体どういったものを担当しているのか分かりづらい職業が多いものです。実際に現場では、様々な業務を任されることも多いとされる生活指導員の仕事ですが、求人の中に生活相談員ということを明記して募集を掛けているような求人は、その業務範囲をしっかりと決定づけている特別養護老人ホームの場合が多いので安心です。

特別養護老人ホームの生活相談員の仕事は、入所をしている高齢者が快適な生活を送って行くことが出来るように、入所されるご本人やご家族の相談に応じるということがメインの役割になります。適切な援助計画を立てるといったことや、入所の際の説明や手続きといったものを行うことも生活相談員の役割になります。また特別養護老人ホームの介護職員としての兼務ということを求めている施設も多いようです。

生活相談員として転職を実現させるためには、社会福祉主事という任用資格や、国家資格である社会福祉士の資格を有していると十分なアドバンテージを持つことになると言われています。いくら便利な施設を揃えている特別養護老人ホームや、入所者の評判の良い特別養護老人ホームであっても、個人個人によって感じることは違ってきます。不便や不満に感じることがまったくないというパーフェクトな施設は存在しないものなのです。

こういった場合、相談出来る人間が誰一人としてその施設に存在していないというのは、かなり厳しい状況です。だからこそ、生活相談員という職種が必要なのです。このため、やはり専門的な知識や、人間性というものが重要視されます。資格だけを有していても、人間性に問題があったり、その特別養護老人ホームのカラーに合わないような場合には、残念ながら転職を成功させることは難しいでしょう。

実際に出されている生活相談員の求人情報を見てみると、正社員で月給は21万円。8:30〜17:30の勤務がベースの所や、その他にシフト制を用いているところもあります。また求人では社会福祉士や社会福祉主事資格を有している上、生活相談員としての業務経験が2年以上ということを設けている所も見られます。非常に求人によって応募条件や待遇面での振り幅が大きい職種ですから、転職エージェントに登録をして転職活動をすることで、良質な求人と巡り合い、情報収集も行うことが出来るでしょう。

特養求人サイト人気ランキング 〜介護系スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.