特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養のスタッフのFAQ >> 機能訓練指導員が特養で働くには?

機能訓練指導員が特養で働くには?

特別養護老人ホームには、1人以上看護職員や作業療法士、柔道整復師、理学療法士、言語聴覚士といった機能訓練指導員を配置しなければならないと言われています。一般的には上記の資格を有している職員が一人以上いれば良いという考えですから、すべての有資格者を設置する必要はないものの、特別養護老人ホームというものの役割を考えた場合、上記すべての条件を満たす人間が欲されているというのは言うまでもない事実なのです。

ただし、特別養護老人ホームでは、これらの職種の人材が仕事をしていても、点数にはならないということや、日常生活のサポートやレクレーションといったもの。他にもイベントなどを通じて行なっていく機能訓練などに関しては、生活相談員といった職種の方や、介護職員がそれを行うことを認められているため、正直特別養護老人ホームでの需要というものは、そこまで高くないというのが現状なのです。つまりは求人がなかなかに見つからないという現実があるのです。

特別養護老人ホームにおいて、本音の部分では需要が高いと言われている作業療法士や柔道整復師といった機能訓練指導員ですが、実際には介護職員などが、その特別養護老人ホームが行なっている理にかなっていない機能訓練などを行なっているというのが現状です。現在での需要は低く、あまり求人が見られることは少ないものですが、介護職員として入職し、そのスキルを遺憾なく発揮することは可能です。

ただし特別養護老人ホームと一般的な介護施設では、機能訓練指導員に求められる役割は違ってきているのです。一般的なものは、日常生活を送ることが出来るように肉体機能を回復させ、自宅に送り出すことが目的ですが、特別養護老人ホームの場合には、そこまで高い機能訓練は求められていません。ですから、前職などで他の施設で働き、高い機能訓練を行なってきた方には、特別養護老人ホームで求められる機能訓練は物足りないと感じるかもしれません。

実際に出されている機能訓練指導員の求人を見てみると、給与の相場は幅広く、18万円から25万円といったところが多く見られます。機能訓練指導員は、一般的な介護職員が兼任することが出来るため、そこまで特別な専門職としての評価がなされないという傾向も見られています。柔道整復師や理学療法士や作業療法士として、各医療機関や診療所に勤める方が現在では待遇面でもやりがいという面でも高いものを受けることが出来るでしょう。しかしこれから先、確実に需要が高まる分野ですから、将来性の高さは非常に期待出来るジャンルの仕事とも言えるでしょう。

特養求人サイト人気ランキング 〜介護系スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.