特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養の医師のFAQ >> 特養の医師の施設長の求人は?

特養の医師の施設長の求人は?

特別養護老人ホームの施設長の求人は、そこまで多くはありません。一般的な求人媒体ではほとんど見つけることが出来ないといって良いでしょう。また、一般的に特別養護老人ホームの施設の責任者になりますから、理事長が兼任するといったケースが多いのです。こういった場合には、当然に理事長が施設長の仕事をこなしているため、必要はないということになるのです。

ただし、こういったケースの場合でも、特別養護老人ホーム施設が増え、一人だけの管理では業務に支障が出てきてしまうというケースでは、新しく施設長を募集するというケースが考えられます。基本的に1施設に対して1人の施設長になりますから、求人数は少ないというのが当然なのです。こういった求人数が少ないような職種で転職成功をしたいのであれば、医療業界に特化した転職エージェントを利用することで、求人と巡り会うことが出来るでしょう。

基本的には施設長という責任のあるポジションですから、給与などの待遇面も良いのは当然なのです。一般的には500万円から3500万円の年収とされています。こういった良質な条件が整っている案件であるということも、特別養護老人ホームの施設長の求人の少なさの要因になっています。好条件の求人は応募者が殺到するため、基本的には一般公募をしないというのが業界の考えですから、転職エージェントなどを利用しない限り、なかなかに巡り会うことが出来ないのです。

ただし特別養護老人ホームの施設長は、文字通りその特別養護老人ホーム施設の最高責任者になるため、誰でもなれるわけではありません。施設長の資格要件というものが決まっており、その条件を満たした方でなければ求人を見つけても採用されることはないのです。社会福祉主事の要件を満たしている者であり、社会福祉事業に2年以上従事していること。他にも社会福祉施設長資格認定講習会を受講していることが前提になります。

また、経営者でもあることから、施設の運営から施設機能の管理。社会福祉や老人介護に関しての知識、医療の知識などトータルの知識を求められることが多いのです。その他にも社会福祉関連の法令にも詳しいことが求められるため、非常に多くの能力を求められることになるでしょう。ただし、本人が全てを一人でこなす必要はなく、例えば、財務や経理、法務といったスペシャリストを配し、そういった人材を上手に使いこなすことが出来る人材が求められているのです。

特養求人サイト人気ランキング 〜医師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師の転職ならリクルートドクターズキャリア
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.