特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養のスタッフのFAQ >> 支援相談員が特養で働くには?

支援相談員が特養で働くには?

特別養護老人ホームにとって、重要な役割を担っている職種として、支援相談員という職種が挙げられます。支援相談員の役割は、特別養護老人ホームに入所している方やそのご家族の相談業務をこなすということになります。実際に支援相談員として働いている方の多くは、社会福祉士の資格を有していたり、介護福祉士の資格を有している方が見られていますが、支援相談になるために必需資格かといえば、そうではないのです。

支援相談員として特別養護老人ホームなどの介護施設で働くには、特別な資格を有している必要はありません。しかしながら、特別養護老人ホームを始めとする介護施設での職種というのは、基本的に有資格者を求めている所が一般的ですから、出来るだけ有利になるような資格を有しておくことをオススメします。こういった資格を有していることによって、相談業務の幅がウンと広がることになりますし、自身にとっても大きな財産となるはずです。

特別養護老人ホームの支援相談員には、上記のような資格を取得出来るほどの幅広い知識の他にも人間性というものが必要になります。特別養護老人ホームを実際に利用するご本人やそのご家族が上手に利用することが出来るように支援をすることが役割ですから、人間性が疑わしいと感じられてしまっては、致命傷ですからね。事務的に相談業務をこなすだけではなく、人を相手にしているということを忘れてはならないのです。

具体的な仕事内容としては、入所と退所などの相談業務。契約についての説明や実際の契約業務。入所に関しての調整業務。特別養護老人ホームと関連している施設などへの連絡・調整などを行なっていきます。支援相談員というのは、特別養護老人ホームのブレインであり、顔となるような職種ですから、その役割は重要視されているのです。入所希望者に対しての対処を任されることになりますから、運営の面で求められる役割は非常に大きいのです。

支援相談員は前述にある通り、社会福祉士やケアマネージャーといった資格を有している方が就くことが多いですが、その他の職種のように資格手当などが待遇面で考慮されることは少ないでしょう。年収は330万円前後の所が多く、ボーナスは70万円前後が基本。休日は月に10日が平均です。より良質な待遇で迎えてくれる所もありますから、専門の転職エージェントを利用していきましょう。一般的な求人媒体ではお目にかかれない求人とめぐり合うことが出来るでしょう。

特養求人サイト人気ランキング 〜介護系スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.