特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養のスタッフのFAQ >> 臨床心理士が特養で働くには?

臨床心理士が特養で働くには?

臨床心理士という仕事は、非常に活躍の場が多い職業として知られています。医療や保健の分野、教育や福祉、大学や研究所、産業や司法の場などでも、活躍の場が広がっています。その中でも、特別養護老人ホームからの需要は高く、多くの役割が求められています。現在の社会では、心理的な問題を抱えている方が非常に多く、特に肉体的な機能が衰えている高齢者が入所している特別養護老人ホームの入所者の不安は計り知れないものがあるのです。

臨床心理学という専門の知識を有している仕事は、心理カウンセラーやサイコセラピストといったもの。また。単純に心理士や心理相談員といったもので呼ばれており、実際の転職求人でも、様々な表現の仕方がされていますが、結局のところは臨床心理士のことを指しています。求人を見れば一目瞭然ですが、非常に多くの求人が見られていることでしょう。ただし、臨床心理士としての求人が豊富ではあるものの、特別養護老人ホームとなれば、話が別になってきます。

正直、特別養護老人ホームという場での臨床心理士の求人は、臨床心理士が働くその他の職場に比べると、非常に少ないというのが現状です。これには事情があって、介護職員として臨床心理士を配置し、様々な業務に当たらせても、介護報酬上の加算が認められていないからなのです。このため、介護職員として臨床心理士の資格を有している人間が採用出来ればラッキーといった具合の施設が多いのです。

こういった事情から、専門職としての臨床心理士の特別養護老人ホームの求人は、個人レベルで探すのは非常に難しいと言えるでしょう。しかしながら、介護報酬上の加算がないということを知っていても、入所者のことを第一に考え、臨床心理士を配置している特別養護老人ホームも沢山に存在しているのです。こういった施設を探したいのであれば、これらの専門職を扱っている転職エージェントを利用して転職活動をしていくことがベストな選択です。

これからの世の中は、ますます高齢化が進んでいきますし、少子化や核家族化の問題から、心理的に不安を抱えている高齢者の増加が予測されています。これから先、介護や医療制度の変更が行われ、特別養護老人ホームにも臨床心理士の配置基準が設けられることも予測出来ます。こういった業界の変化なども情報収集出来ますし、何よりも一般的には見つけることが出来ない求人を紹介してもらえますから、転職エージェントを利用することは良質な選択なのです。

特養求人サイト人気ランキング 〜その他スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビAgent
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.