特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養求人サイトTOP >> 特養のスタッフのFAQ >> 調理師が特養で働くには?

調理師が特養で働くには?

特別養護老人ホームの調理師の仕事は、栄養士や管理栄養士といったものが作成したメニューに沿って食事を作っていく仕事です。その特別養護老人ホームの規模によっても違ってきますが、その入所人数分の食事を朝・昼・夕と三食を作ることになります。一般的には150食前後の食事を6人から7人程度の人員で調理をしていくというのがスタンダードな人員配置とされています。

具体的な業務内容としては、検品をして、仕込みをし、調理をするといった形でしょう。特別養護老人ホームのスタイルとして、盛り付けやその後の洗浄といったものまで調理師に任せる所もあれば、盛り付けや洗浄といったものは、調理補助のパートさんが行い、上記にあるような3つの工程だけを調理師の方にお願いするといった所も多く見られています。これはそれぞれの特別養護老人ホームの方針によって違っていますから、転職エージェントなどを利用して、具体的な職務内容をしっかりとチェックしておくことをオススメします。当然ですが、工程数が増えれば忙しさというものも格段に違ってきます。

検品は食材のチェックです。安全なものであるのかどうかをしっかりとチェックしなければならず、入所者の数が多ければ多いほどに、その量も膨大になりますから、何気に大変な作業です。しかし、基本的には難しいものではないため、慣れれば問題はないとされています。次に仕込みですが、特に包丁を使って切るという仕込み作業は非常に重要です。それぞれの入所者の健康状態によって、食べやすいような工夫が必要になってきますし、特食が必要な方であれば、その方の嗜好などを覚えておく必要があるからです。

特別養護老人ホームの規模にもよりますが、基本的にはここで働く調理師にはスピードが求められます。手の早さや行動の早さが肝心になりますし、こういった大量調理の経験が無い方には、一般的な調理方法と大量調理の違いには最初は面食らう可能性が高いと言えるでしょう。それぞれの入所者によって味付けや塩分の濃淡などの変化を付けなければならないという苦労もあります。

実際に出されている求人を見てみると、給与は月給で22万円から25万円といったところが多く、朝の6:00から夜の8:00までの間でシフト制を敷いているという所が多く見られています。待遇面や勤務時間に関しては、当然に施設の規模や運営方針によって違ってきますし、一般的な調理師求人よりも、介護職専門の転職エージェントなどを利用すれば、情報収集や良質求人と巡り会うことが出来るでしょう。

特養求人サイト人気ランキング 〜介護系スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート
公式サイトはこちら

>>特養求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.