特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド>

特養の転職動向と求人の探し方は?

特別養護老人ホーム(特養)には様々な職種が存在しています。特別養護老人ホームは、介護保険法に定められている機能を有していなければ認定を受けることが出来ません。そのため、設備はもちろんそこで働く人材もしっかりと充実していなければならず、特養は求人が豊富に見られる施設でもあるのです。

特別養護老人ホーム(特養)に関わる職種と言えば、介護職員はもちろんのこと、生活相談員や作業療法士。理学療法士や看護師、医師、介助員や事務職員まで非常に多くの職種が存在しており、それぞれに求められるものが違ってくるのです。各職種の違いや入職のしやすさ、給与の相場などは転職エージェントを利用して情報収集するのが一番であり、医師ならば医師転職に特化した医師転職ドットコムなどを利用すると良いでしょう。

特養求人サイト人気ランキング 〜医師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細

リクルートドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★
詳細
医師の転職ならリクルートドクターズキャリア
公式サイトはこちら
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム
公式サイトはこちら
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
医師常勤転職はエムスリーキャリア
公式サイトはこちら

特養求人サイト人気ランキング 〜看護師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
看護師の転職ならマイナビ看護師
公式サイトはこちら
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ナースフル
公式サイトはこちら
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★ 詳細
看護師限定ナース人材バンク
公式サイトはこちら

特養求人サイト人気ランキング 〜介護系スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ★★★★★ 詳細
ベネッセの介護士お仕事サポート
公式サイトはこちら
なもナビメディカルケア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
介護士の転職を応援!なもナビメディカルケア
公式サイトはこちら

特養求人サイト人気ランキング 〜薬剤師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
薬剤師専門リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師
公式サイトはこちら

特養求人サイト人気ランキング 〜その他スタッフ〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビAgent
公式サイトはこちら
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
Recruit Agent
公式サイトはこちら

特養のあり方と求人の探し方は?

特別養護老人ホーム(特養)とは、寝たきりの状態であったり、痴呆の状況などにあり、一般的な日常生活を一人で送ることが出来ず、介護が必要だとされている高齢者のための入所型の施設でなければその機能を果たすことは出来ません。特別養護老人ホームは、介護保険法という法律でその機能が定められており、その基準を満たしていない施設は、介護老人福祉施設としては認められないことになっているのです。

もう少し細かい概要を紹介してみると、誰でも特別養護老人ホームを利用することは出来ないことになっていて、要介護度と呼ばれる介護基準値が1以上の認定を受けた方でないと入所をすることが出来ないようになっています。要介護度1とは、要介護認定当基準時間が25分以上32分未満であること。またはこれに相当する状態だと判断された方ということになっているのです。所得制限などを設けている施設はなく、この要介護認定を受けている方でないと入所が出来ないという特徴があるのです。

入所型の施設になるため、当然に特別養護老人ホームに働く職員は24時間体制での勤務が求められます。一般的には週間で40時間程度の勤務時間を設定している所が多く、日勤と早番、遅番と夜勤といったシフト制を敷いている所がほとんどになります。介護認定の数値に合わせ、食事の世話や排泄の世話、入浴介助などのサポート作業を行なっていきます。爆発的に増加している高齢者人口の状況から、高齢者保健福祉施策の見直しがなされ、ゴールドプラン21という新しい施策が作られました。

この施策の中では入所定員を36万人まで増加するといったことが謳われていることから、特養の求人も急上昇している傾向が見られているのです。なぜなら、現在の高齢者向けの福祉施設の利用者が34万人強といった状況に対して、そこで従事する職員の数が20万人しか存在していないという状況だからです。それを更に36万人までに入所拡大を図るわけですし、これから先はより拡大の必要が見込まれていることから、早急な職員補充の必要性があるのです。

現在の求人状況を考えてみると、基本的には個人レベルの求人検索でも十分に見つけ出すことは可能でしょう。しかし特養への転職成功に有利になる資格の情報や、現場の状況、労働に対しての給与の妥当性などは、それぞれの転職エージェントを利用して情報を収集したり、実際に求人を紹介してもらう方が、より良質で後悔しない求人と巡り会う可能性が高いのです。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 特養求人サイトランキング<職種別・転職成功ガイド> All Rights Reserved.